• 予防について
  • 避妊、去勢、出産
  • よくある質問
  • 症例
  • 今月の予定
  • お知らせ
  • スタッフブログ

HOME > 予防について

予防について

動物は自分で予防をしたり、病院に行ったりすることが出来ません。飼い主さんが防げる病気については予防することが重要です。


混合ワクチンについて

犬にはワクチンをうってない状態で罹ると命に関わる伝染病があります。母犬から受け取った母子免疫の影響を考えて、最初は生後2ヶ月で1回、3ヶ月で1回の2回接種以上をおすすめしています。その後は年一回接種していく事で主要な伝染病を防ぐことが出来ます。ワクチンには種類がありますが、生活環境や飼養目的によって最適なワクチンを提案しています。

犬と同じく最初の年は2回接種以上をおすすめします。その後は年一回接種です。猫も生活環境によって最適なワクチンを提案します。


狂犬病ワクチン・犬の登録について

狂犬病予防法によって、生後91日以上の犬は飼い始めてから30日以内に登録し、狂犬病の接種を受けなければなりません、その後は毎年一回狂犬病の予防接種が義務づけられています。登録、接種を怠った犬が他の人を傷つけるような事があれば飼い主が罰せられます。

狂犬病はほ乳類(人を含む)に幅広く感染し、発症するとほぼ助かりません、日本国内では数十年発生はありませんが、侵入、蔓延を防ぐためにご協力下さい。


フィラリアについて

蚊が媒介する恐ろしい寄生虫です。犬(まれに猫)の主に心臓に素麺状の虫が寄生します。いったん寄生されると心機能が低下し、様々な症状を呈して寿命を縮めることになります。都会では減少傾向にあるようですが、当院の付近ではまだまだ予防をしていないと危険です、ぜひ予防してあげて下さい。

一ヶ月に一回予防薬を飲んでもらうのが一番ポピュラーな予防のやりですが、お薬が飲めないワンちゃんには滴下薬(皮膚につける薬)、飼い主さんが飲ませるのを忘れがちな場合には注射で行うことも出来ます。同時にノミダニ予防や消化管内寄生虫の駆除が出来る方法もあります、詳しくはご相談の上で最適な薬を選んでいきます。


ノミ、ダニ(外部寄生虫)予防

滴下薬が主流ですが、シャンプーなどに制限があるので、飲むタイプを処方することも多くなってきました、いずれも効果は約1ヶ月ですが、最近は3ヶ月効くお薬も出ています。


このページのトップへ